名古屋の見えない矯正歯科@名古屋市千種区のアルスきょうせい歯科
HOME>症例紹介

症例紹介

症例紹介1 子供のSH療法
治療前

8才 男の子 歯並びのガタガタを治したい

矢印
治療後

SH療法 8か月使用。上下の前歯の歯並びが良くなった。

症例紹介2 子供のSH療法
治療前

他県より転院。口元が出ているのが気になる。
歯は抜きたくない。

矢印
治療後

10ヶ月使用。毎日寝ている時のみ使用。
歯並びのガタガタがとれ、口元もすっきりして
閉じられるようになり満足。

症例紹介3 大人のSH療法
治療前

53才女性
歯並びのガタガタを治したい。

矢印
治療後

SH療法1年後。
上下の歯列が広がり歯並びがよくなっている。

症例紹介5 中等症(AHI31.4回/h)の無呼吸
治療前

25才の男性。中等症(AHI31.4回/h)の無呼吸。
小さな顎、下顎の後退が著しい。
昼間の眠気がひどく仕事に支障がある。

矢印
治療後

矯正治療+手術併用。約1年間の治療。
いびき、無呼吸が改善され、
昼間の眠気がなくなり、仕事も栄転した。

問い合わせ