名古屋の見えない矯正歯科@名古屋市千種区のアルスきょうせい歯科
HOME>矯正歯科Q&A

矯正歯科Q&A

矯正治療を開始するのに適した時期はあるのですか?
矯正治療を開始するのに適した時期はあります。

矯正治療を開始するのに適した時期はあります。ただし、不正咬合の原因が何であるかによって矯正治療の開始時期は異なります。
例えば、上あご・下あごの骨の形や大きさの不調和が不正咬合の原因である場合や不適切な位置にある歯のためにあごの成長が阻害されたり、あるいはあごが曲がって成長してしまいそうな場合には、低年齢から矯正治療を開始することがあります。
場合によっては就学前に矯正治療を開始することもあります。アメリカ矯正歯科学会では「7歳までに歯並びと咬み合わせのチェックを!」と呼びかけています。お子さんの咬み合わせについて不安を感じたらお気軽にご相談ください。

成人矯正の対象といわれる適齢期はあるのですか?
適齢期は特にありません。

ただし、成人の矯正治療の場合、不正咬合の他に歯周病や歯の欠損など複合的な問題を抱えていることがあるために矯正歯科を専門とする医師と他科の医師(多くの場合はかかりつけの歯科医師)と協力して患者さんにとって最善と思われる包括的な歯科治療を行います。

矯正歯科治療はなぜ必要なのですか?
患者様にとって良好な咬合を維持し自分の歯で食べられることは、QOL の向上につながり、また笑顔に自信が持てる事はすばらしい事だと考えております。

さて,長期にわたる歯数の維持に対して,正常咬合がどのように関与しているかを定量化することは困難ですが,参考になる調査があります.この調査は日本国内の,80 歳で20 本以上の残存歯数を認める,いわゆる8020 達成者を対象として咬合状態を調査したところ,反対咬合,開咬が存在しなかったことがわかりました.
この結果からも,長期の咀嚼機能の維持に対して,正常咬合のもつ意味が推測されます.
このような良好な咬合を維持し自分の歯で食べられることは,QOL の向上につながるでしょう.
また笑顔に自信が持てる事はすばらしい事だと思いませんか。

目的
①歯科的疾患の予防
②顎骨の成長発育障害の予防
③咀嚼機能の改善と維持
④口唇閉鎖不全の改善
⑤発音の改善
⑥顎関節と咬合との調和
⑦バランスや運動能力の改善
⑧一般歯科治療を行うために必要な歯牙移動

矯正専門の歯科医院と一般の歯科医院で矯正治療も行う所と何が違うのですか?
矯正歯科治療に関して非常にきめ細やかな医療サービスを提供することができます。

矯正歯科治療が成熟した欧米では、歯科医と矯正歯科医は職業として区別されています。
日本でもようやく日本矯正歯科学会がその制度の立ち上げをしました。

専門医同士のネットワーク(日本臨床矯正歯科医会)で対応が行えますので、転医の際も安心です。

専門の診療所では、ある種の矯正歯科治療に保険適応が可能な場合や、また、従事そこにスタッフがいますので様々な問題に対応することができます。

さらに歯科衛生士や歯科助手などのスタッフも矯正歯科治療専門に従事しているために矯正歯科治療に関して適切なアドバイスを行うことができます。

以上のように矯正歯科専門の歯科医院では、矯正歯科治療に関して非常にきめ細やかな医療サービスを提供することができます。

治療中に引っ越しなどがおきたらどうなるのでしょうか?
当院では、全国400名以上の矯正歯科を専門とする歯科医師がネットワークを作って、引っ越しに伴って転医が必要となった患者さんの矯正治療がスムーズに引き継がれるよう連携しています。

引っ越しが決まりましたら早めにお知らせください。お引っ越し先に最も近くて信頼できる矯正歯科医会のメンバーの歯科医師をご紹介いたします。引継先の歯科医師との連絡、治療方針の説明は主治医が行います。

矯正治療は、歯を抜かなければならないのでしょうか?
そんなことはありません。
SH療法では、子供でも成人でもほとんど歯を抜かないで治療が可能です。
子供が装置を着けていじめられることは?
いじめられることはありません。

SH療法はほとんど寝る時に装着するので、学校では何も装置を付けておりませんので、
いじめられることはありません。

矯正歯科治療は痛みますか?
SH療法は、他の治療法と比較をすると、ほとんど痛みがないのが特徴です。
ただ、治療が進んで歯茎が痛むことがありますが、
その場合はすぐ来院してもらい、対応しておりますのでご安心ください。
問い合わせ